世界一周アジア編

チケット

世界一周という言葉には,わくわくする響きがある. ちょっと前から,いつか世界一周やってみたいなーと思っていたのだが, ちょうどチャンスが到来したのでやってみた.

世界一周にはいろいろ定義があるけど ここでは,太平洋と大西洋を1回ずつ渡って出発地に戻ることと定義する.

ルート

ANAのマイルをここ数年貯めていて,今回の航空券は貯めたマイルを使って発券した. 全てのフライトはビジネスクラスで,12.5万マイルと,諸税約10万円がかかった.

通常ANAのマイルはどこへいついくかで必要マイル数が決まるが, 世界一周航空券の場合は,トータルの距離数で必要マイル数が決まる. 詳しい計算は省くが,今回はずいぶんお得に発券できたと思う.

  1. 成田->韓国仁川
  2. 韓国仁川 -> ハノイ -> 台北(桃園着,松山発) -> 羽田
  3. 成田 -> 北京 -> イスタンブール
  4. イスタンブール -> カイセリ -> イスタンブール
  5. イスタンブール -> ヴェネチア -> チューリッヒ -> フランクフルト -> ニューヨーク (EWR着,JFK発) -> 韓国仁川
  6. 韓国仁川 -> 成田

世界一周航空券はこのうち,2,3,5だ. 1と6は別の特典エコノミー航空券で,4はターキッシュエアラインズで約1万円で別途手配した.

世界一周航空券が韓国起点なのは

  • 途中で一旦東京に帰ってくる用事があったため
    • (東京起点の世界一周航空券にしてしまうと,日本には世界一周航空券では帰ってこれなくなる)
  • ニューヨーク・東京間の(ユナイテッド以外の)空席が予約時点で無かった

という理由だ.

アジア編 (2018/3/28〜4/6)

というわけで,一旦東京に帰ってくるまでのアジア編の記録だ.

韓国仁川 (2018/4/28)

朝方,家を出発し上野経由で成田空港へ. やはり成田は羽田に比べて遠い. スカイライナーは使わず,在来線で. 多少必要時間は伸びるが,ここは節約.

ビジネスクラスをとると,ラウンジチケットが付いてくるのだが, 今回はエコノミーなので,プライオリティパスでKALのラウンジへ. 年会費1万円の 楽天プレミアムカード を作ると,色々な空港ラウンジに入れるプライオリティパスが付いてくるのでオススメだ.

ただし,ここのラウンジは 関空のKALのラウンジ同様,食べ物はパン・カップ麺・おにぎりくらいの簡単なものしかないけど.. 仁川のプライオリティパスで使えるラウンジはしっかりしているだけに,日本の空港でもプライオリティパスが使える豪華なところが増えて欲しい.

韓国に夕方着いてからは,ホテルへ直行. 空港のインフォメーションでホテルに電話してもらって無料ピックアップ.

夜ご飯はホテル近くのローカル感のあるお店で.

韓国仁川 →ハノイ(2018/4/29)

19:30発の便だったので,空港近くで時間をつぶす. 当初はトランジットツアーに行く予定だったが, 翌日のホテルが突然キャンセルになるというトラブルに見舞われ,中止. 結局ホテルを取り直した. 結構冷や汗..

トランジットツアーはもう終わっていたので,近くのカジノへ行ってみる. といっても,現金は賭けたりせずに,初回特典クーポンを使うだけだった.

カジノ後は結構時間が余ったが,午前中のホテルの対処で疲れたので,ラウンジでゆっくりすることに. 以前韓国旅行したときと同様,複数のラウンジをめぐった.

  • SkyHubラウンジ
  • アシアナビジネスラウンジ
  • Matinaラウンジ

に行ったけど, Matinaがスイーツ含め一番食事がしっかりあって,アシアナラウンジはゆっくりできる印象だった. 今度はSkyHubはパスして,この2つかなー.

到着後空港近くのホテルへ徒歩で. 想像よりも,めちゃくちゃ暑い.

ハノイ観光 (2018/3/30〜2018/4/1)

人々の平均年齢が若いからか,活気を感じた. バイクの音はどこでも爆音だったなぁ. 観光地はあんまり行かず,街歩きを楽しんだけど,水上人形劇を見たりもした.

ハノイ -> 台北 (2018/4/2)

お昼のフライトなので,バスで空港まで. Google mapで見ておいたバス乗り場が見当たらずに焦った. ベトナム語が読めず話せずではどうしようもなく, 確実に停車するであろう駅まで歩いて,駅から乗ることに. 時間に余裕を持っておいてよかった.

ここで,結構体力を使った気が.. 空港に着いて,チェックイン・出国審査を終えたら,速攻でラウンジでシャワーを浴びた.

疲れからか風邪気味だったので,空港に着いて,台北市内への移動でもへとへとに. 軽く食事して,すぐ休んだ.

台北観光 (2018/4/2〜4/6)

空港でちょっと両替したんだけど,思い返せばもっと両替しておけばよかった. 韓国でのクレジットカード普及率が半端なく,電車代くらいだけで事足りたのだが,台湾では割と現金が必要な場面があった.

しかし,ベトナムから台湾に来て、文字が読めるってこんなに快適なのかって感じだ. 中国語ができなくても、雰囲気で結構わかる.

観光夜市,中正紀念堂,九份,故宮などに行った.

台湾,食事は美味しくて,雰囲気も日本と近くて過ごしやすく,また行きたいと思う. 台湾からは,羽田空港経由で帰宅.