北白川日記

世界一周アジア編 (2018-04-08)

チケット

世界一周という言葉には,わくわくする響きがある. ちょっと前から,いつか世界一周やってみたいなーと思っていたのだが, ちょうどチャンスが到来したのでやってみた.

世界一周にはいろいろ定義があるけど ここでは,太平洋と大西洋を1回ずつ渡って出発地に戻ることと定義する. ...

続きを読む

飛行機で日本一周 (2018-03-16)

2018/3/9〜16に飛行機でなんちゃって日本一周をした. 韓国以外はどこも行ったことがあるので,観光よりグルメを中心にした.

明後日からNLP2018@岡山へ向けて出発します! pic.twitter.com/SQIjwkB5q7— Yuta Hayashibe (@shirayu) 2018年3月7日

岡山へは言語処理学会に一部参加するために寄ることにした.

費用

航空券は15,000ANAマイルと諸税5,110円で手に入った. ...

続きを読む

ご報告 (2018-01-19)

2016年10月から約1年4ヶ月勤務してまいりましたフェアリーデバイセズ株式会社をこのたび退職いたしました.

やったことについて

在職中は以下のようなトピックの研究開発に携わりました.

  • 音声認識
  • 形態素解析
  • 対話システム ...

続きを読む

2016年度のGitHub上でのPull-Requestまとめ (2017-04-01)

今日は4月1日. 多くの団体は新年度ということで, 色んな人が人事異動の報告をしている.

ぼくは特に報告すべきこともないんだけど, なんかみんなやってるみたいに, 昨年度のまとめ的なことしたいな〜,と思ったので, ...

続きを読む

映画「聲の形」と「君の名は。」を見た (2016-10-10)

連休最終日,「聲の形」と「君の名は。」の二本の映画を, アリオ亀有にある映画館に友人と見に行った.

この3連休,土曜日は日帰り沼津,日曜日はお泊り会で,月曜は映画と, 盛りだくさんな感じで,非常に楽しく過ごすことができた. 最近日記はめっぽう書かなくなっている. けれど,家に帰ってから数時間経ってもいまだに余韻が残っていて, ...

続きを読む

JUMAN++の形態素解析辞書についてのメモ (2016-09-30)

黒橋・河原研究室より,新しい日本語形態素解析システムJUMAN++ ver.1.00がリリースされました(2016.9.23). これは森田一さんらのEMNLP2016の論文の実装です.

配布されているパッケージには,その新しい解析システムだけでなく,新しい形態素解析辞書も含まれています. 以前のJUMAN 7.0に含まれている形態素解析辞書は2012年公開なので,実に4年分の差分が詰まっているわけです.

格フレーム構築の研究の関係で, この形態素解析辞書の動詞まわりの整備を京大在職中に行ったので, ...

続きを読む

京都大学を退職しました (2016-08-05)

京都大学 情報学研究科の黒橋・河原研究室にて 特定研究員として勤務してまいりましたが, このたび退職いたしました. (正式には2016年8月末日付の退職で,8月の残りは有給消化期間です) 博士課程修了後,2014年4月から約2年半お世話になりました.

やったことについて

...

続きを読む

博論を書いた後の初論文 (2015-12-06)

ひさびさの日記.

名工大で以下の論文を発表してきた. 何人もの方に面白いと言って頂き,優秀研究賞も頂き,ありがたかった.

  • 林部祐太,河原大輔,黒橋禎夫 (京大). 「格パターンの多様性に頑健な日本語格フレーム構築」, 情報処理学会第224回自然言語処理研究会, (2015.12.4) [論文] [slide]

博士論文を書いた後に初めて書く,1年半ぶりの論文. 色々あって出すのが遅くなってしまったが,非常に思い入れのある論文だ. ...

続きを読む

グアム旅行2015 (2015-09-12)

概要

ひろびろ pic.twitter.com/B1M8RArlOS— Yuta Hayashibe @UMR (@shirayu) 2015, 9月 6

ANAのマイルが溜まっていて,そろそろ期限が近づいてきていたので7泊8日でグアムに行ってきた. 別途燃油サーチャージは1万円必要だった.

``` [1]9月5日(土) UA150  大阪(関西) - グアム  11:05発15:55着  特典エコノミー ...

続きを読む

2014年を振り返る (2014-12-31)

去年の年末,半狂乱で博士論文を書いていた. もう,あれから1年.

今年は久々に静かな年末を迎えている. さて,今年も箇条書きで振り返る.

振り返り

  • 1月 ...

続きを読む